グリーンパパイヤパウダー
「料理:辻が花・日々のランチとオススメメニュー」
こちらをご覧ください。
出来るだけ前日にアップしています。
当日朝には、その日のランチメニューを確認できます
たまにアップできないこともあります。
あしからず

ツナパハ(スリランカ・カレーパウダー)を作ってみた。

和食の料理店でありながら、留学生向けにスパイシーな料理も
作っている当店。
主にスリランカのツナパハというカレーパウダーを使って
料理しています。
日本でもツナパハは手に入れることが出来ますが、
私の知っている限り2軒しかない。
一つは、スリランカのスパイスや食材を広くチリ揃えた店。
HPもありますが、美味く動作しなくて、結局電話で注文したが、
その後、スリランカの友人がたくさん出来たので、一時帰国の際や、
現地から送ってもらえるようになって、不自由することもなくなった。
しかし、ここまでのめり込むと、自分でスパイスを組み合わせて
ミックスパウダーをを作っみたくなるのが、料理人の性。

2014102401 (1).JPG


参考にした配合は
コリアンダー       大さじ4
クミンシード       大さじ2
マスタードシード     小さじ1
フェンネルシード     小さじ1強
ランペ(ランパンリーフ) 大さじ1.5
カレーリーフ       10枚
シナモンスティック    2cm
カルダモン        5個

以上をローストして、粉砕します。
2014102401 (2).JPG


これを細かいザルに通して、残ったものは
乳鉢で細かく砕きました。
2014102401 (3).JPG




スリランカの友人のお父さんが送ってくれた
スリランカで売られているスパイス。
ミックスカレーパウダー(Unroasted) / Roasted
カレーリーフ(現地語:カラピンチャ)/ ランペ(パンダンリーフ)

やはり、現地のものとは、若干の違いがあるけれど、
現地では家庭によって、それぞれ違うということなので、
まあ、初めて作ったにしては上出来。
少しずつ配合を変えて、好みのミックススパイスを目指そう!

2014092002 (14).JPG

バナナのエビすり身はさみ揚げ

料理用のバナナの天ぷらを以前紹介しましたが、
バナナを薄くスライスして、その間にエビすり身を挟んで
天ぷらにしてみました。

2014111501 (1).JPG


2014111301 (2).JPG



私の住む愛媛県松山市の愛媛大学でも、留学生を多く受け入れていますが、
この近くにある八百屋さんで、この青いバナナを売っています。
次の入荷日も、英語で書かれていて、
インドネシアなどの留学生がかなり買っていくそうです。
聞いてみると、天ぷらにするのだとか。


前回のバナナの天ぷら記事



太刀魚の刺し身、簡単レシピ

太刀魚の刺し身。
刺し身といえば、三枚におろさなければ作れません。
あの長い太刀魚を三枚に・・無理!!
と思いがちですが、短く切ってから三枚にするなら
出来そうです。

2014092303 (6).JPG


まず、太刀魚を7〜8cmに切ります。
2014092303 (2).JPG


これを三枚にするなら、なんとかなるでしょう。
説明するより、画像を見ていただいた方が
解りやすいかと思います。
2014092303 (3).JPG

2014092303 (4).JPG

2014092303 (5).JPG


7)は、皮を取っているところです。
  皮目の方をまな板に付けて、身の端から包丁を入れ、
  包丁もまな板に押し付けるようにしながら、包丁を
  向こう手前に動かしながら、皮と身を切り離します。
  包丁を少し皮の上で浮かすように切ります。

10)は、皮を端からではなく、身の中央から左右に切り取る方法。

11)は、上手く皮が引けず、身に皮が少し残った状態。
   これくらいは気にしなくてもかまいません。
   そのまま糸造りにします。糸作りは(9)図


12)は、皮を付けたまま刺し身にするため、斜めに包丁を入れている様子。
   皮は食べた時に口に残りやすいので、このように斜めに糸作りにすると良いです。
   解りやすいように、皮が見えた状態でまな板に置いてありますが、
   皮を下にして(まな板側にして)刺し身(糸造り)にする方が身が崩れにくい。


2014092303 (8).JPG


どうぞお試しください。

バナナ料理レシピ

海外では、料理の食材としても多く使われる
青いバナナ。

2014082601 (1).JPG


そのまま常温で置いておくと、2〜3日で黄色くなって、
果物としての甘いバナナになります。

料理に使うなら、まだ甘くないほうが勝手が良いので、
もし、使い切れない場合は、冷蔵庫で保存しましょう。

黄色のバナナのように、ツルッと皮は剥けません。
ナイフで皮を剥きます。
中の果肉だけになったら、料理によって適当な大きさに切ります。

炒めものや、煮物、天ぷら、フライなど、サツマイモやジャガイモと
同じような使い方ができます。
産地では、カレーにして食べます。
カレーと言っても、スパイスで炒める料理です。

早速、天ぷらにしてみましょう。
2014082601 (4).JPG

15cmくらいのバナナですが、皮を剥くと10cmくらいになりますね。
これを、そのままだと、ちょっと火の通りと、
食べやすさが心配されますので、縦3枚にスライス。
天ぷらの方法は、いつもと同じです。
2014082601 (3).JPG


ホクホクとして、サツマイモと間違えるくらいです。
ほんのりバナナの香りがします。

少しずつ黄色になるわけですが、それに伴って、
食感も粘りが少しずつ出てきます。オクラほどではありませんが。


スライスしたバナナの間に、開いたエビを挟んでみました。
2014082701 (18).JPG

これも、イケる。


都会では料理用バナナも取り揃えている店も多いですが、
まだまだ地方では珍しいですね。
見かけたら挑戦してみてください。
とても美味しい。

瓢:ふくべ:ひさご:ユウガオ

干瓢を作る元の野菜は「瓢:ふくべ」
これを厚めの桂剥きにして、干したものが干瓢。
植物学的にはユウガオで、瓢箪も同じユウガオ
つまり同種です。
ヒョウタンにはククルビタシンという食中毒を起こす物質が
含まれており、それを取り除いた品種にしたものが
ユウガオです。

2014081901 (1).JPG

これは長いタイプ。
干瓢を作るのは、丸く改良したものです。


干瓢農家のような剥き器はありませんので、
輪切りにして皮を剥き、桂剥きにします。
2014081901 (2).JPG


そして、2〜3日干すと、出来上がりです。
2014081901 (7).JPG


こどもの絆プロジェクト公式ブログ
辻が花は こどもの   絆 プロジェクト を応援しています。 皆様のご協力を お願いいたします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。