グリーンパパイヤパウダー
「料理:辻が花・日々のランチとオススメメニュー」
こちらをご覧ください。
出来るだけ前日にアップしています。
当日朝には、その日のランチメニューを確認できます
たまにアップできないこともあります。
あしからず

ソラマメ天ぷら:かき揚げ

2013042805.JPG


ソラマメも、早いものは年末に出荷されますが、
一般的に多く出回るのは4月になってから、
心置きなく使えるようになるのは5月からでしょうね。

初夏に出回るソラマメは、まだまだ若い豆で、
鞘とつながっている、いわゆるヘソの部分は、
まだ緑のまま。
2013042801-1.jpg

熟すにしたがって、この部分が黒くなります。
どちらが良いかは、また別の話ですね。
黒くなったほうが、甘味が増しますが、
青いうちのほうが、柔らかい。

さて、かき揚げにするには、皮も取ります。
もっとも、出始めのときは、皮も柔らかいので、
皮を剥かないで、使うこともできますが、
包丁などで切り目だけは入れましょう。
油の中ではじけて、油が飛び散る危険があります。

剥いているところ
2013042802.JPG

2013042803.JPG


剥いたソラマメに・・・
2013042804.JPG

小麦粉をまぶして、衣を入れて、さっとかき混ぜ、
油に入れます。

一つのかき揚げを作るのに、一度でタネ全部を入れる必要はありません。
2〜3回にわけて、継ぎ足すように入れると良いでしょう。
また、かき揚げは、中に空洞をいくつか作る気持ちで
継ぎ足します。
ぎゅっと固まりになると、団子を揚げたようになってしまいます。
サクサクっとさせるには、立体構造を作って、
かき揚げの中心部も揚がるようにするといいですよ。
むりやり、箸で穴を開けることもあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
こどもの絆プロジェクト公式ブログ
辻が花は こどもの   絆 プロジェクト を応援しています。 皆様のご協力を お願いいたします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。