グリーンパパイヤパウダー
「料理:辻が花・日々のランチとオススメメニュー」
こちらをご覧ください。
出来るだけ前日にアップしています。
当日朝には、その日のランチメニューを確認できます
たまにアップできないこともあります。
あしからず

卵の千草焼き

卵焼き、あるいは出汁巻き玉子。
野菜を入れて焼き上げます。
千草(種)焼き、千種類は入っていませんが・・・。
八百八町・八百八橋と同じで、たくさん入ってますよ〜ってこと。

火を入れると色が変わってしまうもの、色があせてしまうものは、
せっかく入れても色が出なければつまらないですね。

今回入れたのは、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎです。
そのほか三つ葉、ネギ、グリンピースなどなど。
生のまま入れて焼いただけでは火が通りませんから、
あらかじめ炒めたりゆでたりして、柔らかくしておきます。
それと、水が多く出るものも、避けたほうが良いですね。
炒めたときに、水分を飛ばしておくといいでしょう。
2013071701 (2).JPG

2013071701 (3).JPG

塩、醤油少々で味付けします。
これを冷ましてから溶き卵に入れます。
2013071701 (4).JPG


玉子の味付けは、出汁巻きなら、出汁も入れて塩、醤油、砂糖。
出汁を入れると、それだけ巻きにくいですが、
出汁の旨みで、薄味でも美味しく食べられますね。
ここは、お好みで。

焼いていきます。
2013071701 (5).JPG

通常の出汁巻き、卵焼きと同じ要領で焼きます。
タグ:千草焼き

ジャガイモ、ニンジン入り卵焼き

2013051603.JPG


ジャガイモ、ニンジンは角切り、あるいは
千切りにして、硬めに茹でるか
炒めておきます。
冷めてから、溶いた卵に入れて
2013051601.JPG


卵焼きは、それぞれこだわりがあり、
甘味の入ったのは嫌いとか、
醤油の香りが必用とか、甘いのが良いとか、
また、子どもやお年寄りが食べるとなると、
また違ってくるでしょうから、
あえて、お好きな味付けにしてください。
と、言っておきましょう。

一回に大目の溶き卵を入れるのがコツです。
どうしても、ごつごつしますから、
隙間も開きやすい。
そこに、卵が隙間をうめるように大目の卵を入れます。

もちろん、固まらないうちに巻きますよ。


このほかにも、いろいろな野菜を入れて
作ることもできます。
緑の野菜が入ると、色鮮やかになりますね。
お弁当にも良いでしょう。
こどもの絆プロジェクト公式ブログ
辻が花は こどもの   絆 プロジェクト を応援しています。 皆様のご協力を お願いいたします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。