グリーンパパイヤパウダー
「料理:辻が花・日々のランチとオススメメニュー」
こちらをご覧ください。
出来るだけ前日にアップしています。
当日朝には、その日のランチメニューを確認できます
たまにアップできないこともあります。
あしからず

近所のこと

当店の外見は、食堂?って言うようなパッとしない佇まい。
まあ、元々、食堂だったわけですから無理はないんですが、
静かな住宅街にありますから、当然知っている方しか
いらっしゃいません。
隠れ家みたいなものです。
松山城の北側の麓にありますから、
松山城ロープウェイ乗り場まで、歩いても6〜7分。
07010400.DSCF2385-1.jpg
ロープウェイ乗り場

そこを過ぎて、松山市のメインロード一番町までさらに5分程度
松山三越、全日空ホテル、坂の上の雲ミュージアム、
萬翠荘、秋山真之・好古兄弟生家跡もこの周辺。

店を出て、道後温泉から松山城のすぐ北側を一直線に走る
銀杏並木の大通り。
愛媛大学、松山大学、赤十字病院がある。
この周辺から道後温泉まで路面電車で10分程度。
2012112316-2.jpg

道後方面から見た銀杏並木
日赤前交差点、ここを右に行くと日赤病院、愛媛大学(1分)
左に行くとロープウェイ乗り場に行く(5分)

観光には、この周辺かなり便利なところです。
銀杏並木の中央より道後温泉寄りに
ビジネスホテル泰平(たいへい)があります。
ビジネスホテルですから、瀬戸内海の料理が美味しいなどという
ホテルではありませんが、
愛媛大学・松山大学が近いせいか、
他校とのスポーツ交流などの宿にも利用されているようです。
また、長期・短期の出張にも便利が良く、
なおかつ宿泊料がやすいので、
旅館やホテルでの食事より、町へ出て美味しいものを
食べたい人には、人気のホテルのようです。
この道路は、奥道後温泉からパイプが引かれていて、
ビジネスホテル泰平も、引き湯です。
2013032105.JPG

本館

少し離れた場所に(1分ほど)別館も
2013032103.JPG


このホテルに宿泊されたお客さんが、
当店にいらっしゃるパターンが多い。
フロントの方も、「どこか近くでお魚を食べさせてくれる店はありませんか」
と聞かれると当店を紹介してくれたそうだ、
また、「食べログ」でこのホテル近くの和食は、当店らしい。
確かに、学生相手の店はあるが、
瀬戸内小魚の和食の店は当店しかない。

四国遍路で泊まる方も多いらしく、
「八十八箇所回ってます」と言って来られます。


繁華街から離れているけれど、
松山城周辺観光には、便利なホテルなのです。
食事の期待は出来ませんけれど、その際は
当店へ!!


2013031803.JPG

銀杏並木の大通り(平和通り)に1件あるガソリンスタンドを
山のほうへ入った一番奥です。

2013032109.JPG

愛媛大学正門

画像 150-1.jpg

松山城ロープウェイ、直ぐ横のリフト(一人乗り)から撮影
| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハロウィン用のカボチャ:Halloween

ハロウィン用のカボチャを売っていたので、
さっそく、顔を描いて、いや、彫ってあげました。2012103004.JPG

2012103003.JPG



| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月刊誌「ラジオ深夜便」に

ラジオ深夜便のリポーターをさせていただいて1年あまり、
この4月から2年目に入りました。
ラジオ深夜便に出演されているゲストの皆さんや、
アンカーの方々の紹介やなどなど、見る深夜便とも言える
月刊誌「ラジオ深夜便」がある。
毎月ではないが、全国のリポーターさんを紹介する企画もある。
7月号(6/18発売)に私が掲載されることになり、
5/10(木)に取材に来られました。
画像 7251-1.jpg

お昼の定食も食べていただき、お客さんとも談笑。
画像 7253.jpg


月・木で魚を行商する82歳のおじさんが到着して、
プロデューサーさん、お客さんも総出でシャッターを切る。
天秤秤なのです。
その様子と昼定食のメニューを「魚菜っ葉:げろっぱ」さんのブログで
紹介していただいています。
⇒ http://hidekix1110.i-yoblog.com/e512031.html

そのあと、松山城、道後温泉本館へとご案内しました。
松山城では、プロ使用(?)のカメラを持っているプロデューサーさんを
目ざとく見つけた観光客から、写真をお願いされます。
画像 7257-1.jpg


道後温泉では、松山城から同じ行動をしていた
佐賀県からの修学旅行中学生でにぎわっていた。
画像 7261.jpg


さて、どんな風に写っているのか楽しみです。
| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
こどもの絆プロジェクト公式ブログ
辻が花は こどもの   絆 プロジェクト を応援しています。 皆様のご協力を お願いいたします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。